» ホームページ » 名誉殺人について

名誉殺人について

一部の伝統主義・部族主義的社会では、慣習が男性に対して絶対的権力を与えており、女性が乱交の疑いをかけられたことによって名誉が毀損されたと見なされたのであれば、適切な確証もされないまま、男性は自らの名誉を守るために彼女を殺害します。これは一部の非良心的な人々によって未だに続けられ、他者もそれを黙認するため、メディアによってこのような状況が誇大宣伝されるのです。

これに対しての答えはシンプルです。そもそもイスラーム法における証言の規定は非常に厳格です。人々は自分たちの手で法を管理することによって、確証されてもいない乱交事件などに対するこのような罰を与えるようであってはなりません。それゆえに、こういったものはイスラーム法に対して真っ向から違反するものです。もしも法廷が全ての状況を考慮に入れ、状況証拠などの確証を入手した後にそれを計画的殺人であると見なせば、それは公正厳粛であるイスラーム法によって計画的殺人の懲罰の判決が下されることになります。現実には不幸にもこれらの国々に世俗法が適用されていること、そして政治家たちが政治的な利益によって諸部族長やその他の指導者たちと取り引きをすることによって、このような不正な慣習が続くことが許されているのです。もしもイスラーム法が確立され、きちんと執行されるのであれば、姦淫、不貞、殺人などに対する厳罰が、それを必要とする者にとっての復讐の役割を果たし、正義が遂行されたという安心感がムスリムを満足させることでしょう。